あひるの整骨院|東京都あきる野市の交通事故による怪我の改善を専門とした整骨院|むち打ち症の施術専門院

交通事故にあったら

まずは落ち着いて!
そんな方のために事故発生~施術までの流れをまとめました。施術に専念できるよう、アドバイスしていきます!

軽微な事故の場合、むち打ち症の方が9割を超えています!

事故直後は何ともなくても、早い人で数時間、遅い人でも数日~数週間後に症状があらわれます。
「首が痛い」ならばすぐに気づけるのですが、「頭痛」「吐き気」「めまい」など、それとは関係ないような症状がでる場合もございます。これが、むち打ち症の怖いところです。
そして、早期に対応しないと、その後の半生を悩ませる後遺症に発展します。
腰痛や肩こり等の障害、機能障害と一生付き合うのは嫌ですよね?
そうならない為にも、一日でも早く病院に行き、整骨院での施術を取り入れて早期回復を目指しましょう!

交通事故による怪我の施術とは?

交通事故による怪我の施術とは?一言で言うと、交通事故が原因による痛みや不快感(むち打ち症、腰痛、手足の障害、しびれ、頭痛、吐き気など)を事故前の元の状態に回復させることを言います。基本的には自賠責保険(強制保険) による施術になります。
それでは、交通事故にあってしまった時から、施術までの大まかな流れをご紹介します。
やらなくてはならない事の中に、抜けはありませんか?
まずはチェックしていきましょう!

まずは警察に届出を出しましょう。
まずは警察に届出を出しましょう。
交通事故は大小に関わらず、加害者はもちろん、被害者からも必ず届け出る事が必要です。(怪我を負っている場合は「人身扱い」の届出が重要になります)
→自賠責保険、任意保険、どちらも事故証明が必要です。届け出を怠ると、交付されません。
仮渡金の請求等で必要ですので、早めに自動車安全運転センターへ交通事故証明書の交付を依頼しましょう。
以下3つの情報は必ず控えましょう。
以下3つの情報は必ず控えましょう。
・加害者の氏名、連絡先(携帯電話も)、住所
・車の登録ナンバー
・任意保険の有無、自賠責証明書番号と保険会社の名称
事故現場の目撃者を確認しましょう。
事故現場の目撃者を確認しましょう。
面倒なトラブルに発展してしまった時も、第三者の証言は効果があるので、通行人や近隣の方に目撃者がいれば、協力を申し出ます。そして証言は必ずメモをとり大切に保管して下さい。その際に、何かの時に協力して頂けるようお願いをし、氏名や連絡先を聞いておくことも大切です。
事故現場の状況を記録しましょう。
事故現場の状況を記録しましょう。
事故当時はショック状態(ある種の興奮状態)にあるため、その時の記憶が薄れる事があります。
可能であれば事故直後の現場の写真(ほとんどの携帯電話に付いています)、現場の見取り図、その後の経過等を記録しておきましょう。賠償交渉が終了するまで大切に保管して下さい。
病院に行きましょう。
病院に行きましょう。
交通事故の施術を受けるには、必ず医師に見てもらう必要があります。病院の優れている事として、まず画像判断があげられるでしょう。整骨院ではレントゲン撮影はできません。そして、その後の施術方法として整骨院という選択肢がある事を知って下さい。病院の施術では改善されなかった症状も整骨院で改善された症例は、枚挙に暇がありません。
病院へ整骨院で施術を継続する旨を伝えましょう。
病院へ整骨院で施術を継続する旨を伝えましょう。
示談の時に必要になる書類は医師にしか書くことができません。必ず必要になりますので、了承を得た上で整骨院へ行きましょう。
※当院にご連絡を頂ければ、病院とのやりとりも代行・アドバイス致しますので、ご安心ください。
保険会社へ整骨院で施術を継続する旨を伝えましょう。
保険会社へ整骨院で施術を継続する旨を伝えましょう。
あなたが保険会社へ連絡をすると、保険会社から当院に交通事故症状改善の依頼があります。そこではじめて施術を開始できます。
※当院にご連絡を頂ければ、保険会社とのやりとりも代行・アドバイス致しますので、ご安心ください。

病院の事、保険の事、わからないばかりかと思います。当院にはむち打ち症状を改善するための専門家が常駐しておりますので、何でもご相談ください。

当院へのご予約・ご相談

0120-110-855

  • ご予約
  • ご相談

ページTOPへ